1. TOP
  2. 健康
  3. 逆流性食道炎を考える:原因と症状、ツボ改善方法

逆流性食道炎を考える:原因と症状、ツボ改善方法

    逆流性食道炎

    逆流性食道炎の原因

    逆流性食道炎の原因を簡単に説明すると、
    強い酸を防御できない食道に、消化が仕事である胃酸が逆流することです。

    コレをしっかり頭に入れてください。

    逆流性食道炎を治すためには、自分自身がなぜ、逆流性食道炎になったのか?その要因しっかり把握するのです。

    ここで、1つ質問します。

    コレを見ているひとは、逆流性食道炎で悩んでいる人でしょう。

    治したいと思っている人でしょう。

    この1つの質問に、しっかり応えられるでしょうか?

    質問
    あなたが逆流性食道炎の症状が出るときは、どんなときですか?

    さぁ、考えてみてください。

    逆流性食道炎 原因

    別に
    ゲップが出るとか、吐き気をもよおすとか、背中が痛いなど
    どんな症状を聞いているわけではありません。

    いつ痛むのか?
    どんなときに症状ができるか?
    ということです。

    これをしっかり把握、認識することです。
    頭に浮かびましたか?
    思い当たることがありますか?

    逆流性食道炎の自覚症状

    自覚症状に関して、どんな病気でも、症状が分かった段階ではもうかなり進行している場合多いのではないでしょうか?

    逆流性食道炎もその流れは組んでいます。

    よって、自覚症状のないまま、人間ドックで初めて指摘される人は多いんではないでしょうか?

    胃が痛い、背中がいない、むかむかするなどそれなりに進んでから発症することが多いですし、それを放っておくと最悪な状態になりますので、早めに手を打つことがポイントとなります。

    逆流性食道炎の場合、粘膜の弱い部分の炎症になります。
    早期であっても慢性化することが多いため、早期の治療であればあるほど、悪化を防ぐことは可能といえるでしょう。

    初期の状態であっても違和感を感じながらの生活になりますし、これが悪化すればするほど、生活に支障をきたすことは間違いありませんし、薬で止めること容易ではありません。
    胃酸過多を薬で抑ええたとしても、それは炎症が治まるものではありません。

    1日も早く症状を確認し、しっかりとケアしていきたいものですね。

    逆流性食道炎 ツボ

    ツボで改善するか?

    手のツボ、足つぼについて、逆流性食道炎に効くツボを紹介しよう。

    皆さんが、よく思っていることであると思うが、病気にダイレクトに効くツボというもの、直接的に効くものと言うのは実はあまりない。

    たとばえ、胃の調子を良くする、胃を強くする、腸の働きを良くする、などが、今回のポイントなる。

    胃酸過多が原因であるため、胃腸の動きを正常にすることが、解決の1つである。
    また、唾液の分泌が鈍ることで、胃酸を和らげることができなくため、その辺もポイントなる。

    胃腸点というものを1つ紹介しよう。
    親指の付け根と手首の境の丁度くぼんでいるところになります。
    このくぼみの部分をゆっくり刺激することで、胃酸過多や、胃腸の働きを助けれくれます。

    胃のつぼとして一番有名なのが、足の裏の土踏まずの部分。
    親指に向かうちょうどくぼみの部分を刺激してあげることです。

    私の感覚としては、ツボは1つや2つではなく、ここのツボを刺激すれば治るというものではないので、足の裏に関しては、全体的に、揉みほぐすことが大切かもしれませんね。

    夏(冬)の逆流性食道炎について

    実際に逆流性食道炎を克服した人には、同意を得やすいかもしれませんが、逆流性食道炎は、冬より夏のほうが治しやすいです。

    冬より夏のほうが、新陳代謝も活発で、運動をするにもサプリを飲むにしろ効果が出やすいです。

    暑いだけで、汗はすぐ出るわけですから、身体の循環は冬より活発だということは分かってもらえると思います。

    逆流性食道炎の原因や要因はいろいろあります。
    症状も1つではないので、一概には言えない部分はありますが、基本的には、胃酸過多を起こさせないことが基本なので、唾液をよく出し、水分を多めに取り、代謝を良くするというサイクルを続けることで非常になくになるかと思います。

    人によっては、夏に治り、冬になると逆食がぶり返すという人もいると思います。

    これも、同じようなことではないかと思います。

    食べすぎ、飲みすぎで一過性のものであれば、問題ないのですが、慢性的なものとなるとやはり早めに手を打つことが大切ですし、夏調子がいいという人は、冬も代謝に気をつけた生活することで、改善しやすいと思います。

    もう1つ
    ストレッチも紹介しましょう。
    夏のストレッチと冬のストレッチ、やはり身体が温かい分、夏のほうが効果が高くなります。
    同じ時間ストレッチをすると考えれば、どちらが先に効果を感じるか納得できるかと思います。
    冬は身体が硬く、柔軟性も落ちます。

    逆食には、ストレッチも効果的です。
    是非、夏だけではなく、冬にもストレッチをしたいところです。

    \ SNSでシェアしよう! /

    さとッチ TVの注目記事を受け取ろう

    逆流性食道炎

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    さとッチ TVの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア

    関連記事

    • 「飲む点滴」とも言われる”食べる甘酒”について得られる効果効能・作り方・レシピを紹介します

    • 熱帯夜克服5つのルール

    • デトックスウォーターでキレイになろう

    • やっぱり「養命酒」!?体調不良の原因は胃腸トラブルにあるかも?健康は胃腸から

    • いまさら聞けないオーガニック(有機栽培)のあれこれ

    • 老眼とスマホ老眼:老眼は年寄りだけではない