1. TOP
  2. 美肌
  3. アンチエイジング
  4. アンチエイジング 美肌サプリメントの選び方

アンチエイジング 美肌サプリメントの選び方

    アンチエイジングは、年齢を重ねる事による肉体の衰えを出来るだけ和らげること、衰えていく肉体を自身のメンテナンスによって老化するスピードを抑え若々しい姿を保つことを全般をアンチエイジングと呼びます。

    アンチエイジングは外見を若々しく保つ以外に病気として中年期以降から発症するリスクの高いを様々なトラブルを予防する上でも有効と言われています。

    アンチエイジング

     

    • 認知症
    • 骨粗鬆症
    • 皮膚老化
    • 更年期障害
    • 老眼
    • 難聴
    • 歯消失

    人間が老化する生き物ですが、健康に気をつけている人とそうでない人では同じ年齢でも発症リスクに差が出てきます。具体的には後天的なトレーニングによって機能を維持できるトレーニングによる新陣代謝機能の保持、消化器官系の状態、免疫機能の維持などがあります。またサプリメントや食材を適切に摂取することで肉体の衰えを抑えることが可能です。

    アンチエイジング

    アンチエイジングに必要なのは充分な睡眠時間、バランスの取れた栄養有る食事、特に今の食事内容が動物性蛋白質中心の人は糖化による老化現象が起きやすくなります。

    またスポーツや職業上、日中に紫外線を多く浴びている人はメラニンによるシミ、シワが発生しやすく肌の老化が早くなる傾向にあります。それらを防ぐためには食べ物やサプリメントによる栄養バランスを整え抗酸化成分を抑える必要があります。

    今回は、さとッチ はアンチエイジングを肌の老化に絞って、肌が老化するメカニズムとそれに対する対策として摂取すると体によい食べ物を紹介しています。

    加齢と肌老化の関係と原因

    例外なく人は皆、年齢と共に必ず体力が衰えていきます、これは生物として自然のことであり人間以外のあらゆる生き物にも平等に訪れる現象です。

    アンチエイジング

    アンチエイジングとは年齢と共に低下する体力を如何に健康に保つが目的の生活スタイルです。アンチエイジングに過度の期待をするのは控えるべきですが、アンチエイジングを実行することで健康に気をつけていない人との差が明らかにハッキリと現れるのは確かです。

    具体的には以下の内容が挙げられます。

    • 「見た目の若さ」
    • 「肌の若さ」
    • 「健やかな精神状態」
    • 「健康的な身体」
      特に女性の場合は肌の手入れとアンチエイジングを並行に行うことで
      「シワ」、「たるみ」、「肌荒れ」、「シミ」など年齢と共に表面化する問題を補うことが可能です。
    肌の老化の4つの原因

    :「紫外線」
    :「皮膚(ひふ)の乾燥」
    :「細胞の酸化」
    :「皮膚の菲薄化(ひはくか)」

    *菲薄化とは肌の状態が非常に衰え潤いが失われる状態を指します。

    紫外線が原因による肌の老化

    夏の日差しに限らず紫外線は肉体に浴びることで皮膚への少しづつダメージを与えます、これが長年の蓄積によってシミやシワとなって表面化します。若い人にはシワ、シミなど目立たず、年齢を重ねた人にはシワ、シミが目立つの原因のひとつが紫外線によって蓄積されたダメージなのです。(若い人でも遺伝子的に皮膚の弱い人の場合は紫外線によるダメージを受けやすい体質の人もいます。)

    紫外線が原因による肌の老化

    皮膚の乾燥による原因

    皮膚が乾燥する原因は年齢と共に体内に保有する保湿成分が少なくなっていく為と言われており、出生時の赤ん坊のときで80%前後とすると20歳頃をピークに年齢と共に保湿成分は減少していきます。
    皮膚への潤いが少なくなることで角質の剥がれに繋がります。

    「細胞の酸化による原因」

    私たちが行う呼吸によって体内に取り込まれた酸素は一部活性化し、活性酸素へと変化します。活性酸素は脂質と結合、細胞を酸化させますが、 酸化することで体内の細胞にダメージを与え、真皮のコラーゲンなど硬化させる働きがあり結果として皮膚の弾力を失う、ぱさつく肌へ老化が進みます。

    活性酸素が増える要因として挙げられるのは、「紫外線・喫煙・ストレス・大気汚染」などの環境状況、脂質の多い食事、添加物の多いなどの普段の食生活による要素があります。

    菲薄化による老化の原因

    一般的に菲薄化するのは老年に入る頃といわれ、年齢的には50代後半から60代頃から徐々に菲薄化が始まります、また女性の場合は更年期に差し掛かると菲薄化も症状として現れるケースもありますが原因として女性ホルモンの減少によってコラーゲンの分泌量、新陳代謝が衰え皮脂腺の活動にも衰えが目立ち始めます。

    更年期障害に対しては治療方法がある程度は確率されているので更年期障害?と心当たりのある人は早い段階で診察をうけるのが良いでしょう。また、その際に上記にあげた肌の老化を感じる場合には肌のケアも同時に行うと肌荒れや菲薄化を防ぐことに繋がります。

    肌の衰え

    一般的に肌の衰えを感じるときは「肌の弾力がなくなってきた時」というケースがおおいようですが、肌の衰えには個人差がありスキンケアをしっかりとやっているのに年齢と共に弾力が失われていく人、スキンケアらしいスキンケアをしていないのにみずみずしい弾力を維持している人など千差万別です。
    そもそも肌の役割は外部からの刺激から人間を守るためであり、細胞の動きが活発な人は角質が頻繁に育成され表面へと押し上げられ最後はアカとなり剥がれ落ち、また次の角質が育成されるという流れがスムーズに行われますが、肌荒れや老化が顕著な人の場合では角質が育成される仕組みのスピードが落ちている症状がみられます。
    肌の衰え

    また、肌の老化を感じる瞬間としてシャワーを浴びた時、自分のカラダにまとわりついているお湯が玉のようになって弾くなら肌の弾力が維持できている、玉の形ではなく流れる状態だと弾力が衰えてくると言われます。

    皮膚が水をはじく理由には「皮脂が表面を覆い皮膚を保護している」状態
    であり過剰な皮脂分泌ではなく適度な分泌量が維持できている限りは皮膚の弾力は衰えません。

    皮膚が水をはじく

    皮膚は外部からのさまざまな刺激や乾燥などから、体を保護する役割を持ち皮膚自体の厚みは、表皮+真皮で1.5mm~4mm程だそうです。

    面積は成人の場合で全身で約1.6㎡ほどで分かりやすい例えだと畳1畳分に該当する大きさとなります。
    ただし皮膚の厚さを形成している順序は「表皮・真皮・皮下組織」の4つに大きくわかれていて、その厚さは個人差は当然として性別による違いや加齢によって変化するものです。

    シワ、たるみの原因について

    男女に関わらず年齢と共に顔のたるみが目立つ人が増えようになりますが、たるみの原因の多くは「肌の弾力性の低下」、「皮下脂肪の肥大」、「筋肉量の低下」が挙げられます。

    シワ、たるみの原因

    人間の顔の中でも筋肉が発達しているのが頬肉の箇所であり、この頬肉の筋肉が低下し脂肪化するとたるみが発生しやすくなります。カラダの筋肉と同じで筋肉量が多いと脂肪分は少なくなる、逆に筋肉が少ないと脂肪分が多くなります。

    ちなみに肌のハリを保つのに必要なものはコラーゲンやエラスチンなどでこれらの質が変化することでも肌の弾力が失われ頬のたるみへと繋がります。

    顔の筋肉に含まれている脂肪を皮下脂肪と呼びますが、他の筋肉同様にエネルギー貯蔵、保温などの役割があり、皮下脂肪も年齢によって代謝機能が衰え重力の影響によって下方向へ落ちていきます、この状態は「頬のたるみ」によく見られる症状です。

    筋肉が落ちると脂肪が増えるわけ

    皮下脂肪によるたるみは顔に限らず体全体に起こる現象です、簡単な例だと肥満も筋肉が落ちることで新陳代謝の働きが弱くなり摂取した栄養が筋肉で消費されず脂肪へと変化し肥満へと繋がります。

    筋肉が落ちると脂肪が増えるわけ

    これと同じ事が顔の筋肉でも起こり主に頬肉など活発に使われる筋肉の量が減少すると脂肪が増大、重力によって下へと下がります、これを支えるための筋力がないためたるみが生じるのですが予防策として頬の筋トレという方法はありません。

    老化と共に筋肉が落ちるので出来るだけ筋肉を維持する方法として顔のマッサージを定期的に行うのが有効とされています。フェイスマッサージとクリームやオイルを併用することでたるみがちな頬を上に引っ張る効果が期待できます、難点としては継続する必要があり自分自身でマッサージをする手間またはエステなどに通う場合は費用が発生する点でしょう。

    シワ、たるみに共通する原因は乾燥と筋肉量の低下によって弾力性が失われる、紫外線など外部からの刺激で角質が破壊され肌荒れが要因となったケースが代表的です。

    紫外線による破壊とは

    紫外線は目には見えませんが肌の大敵と言われており、肌の水分を奪う要因となります。
    肌は内部の水分を常に蒸散させ保湿をしていますが紫外線によって肌が乾燥すると、肌表面(表皮)の保湿力と抵抗力が低下して新陳代謝のメカニズムが狂い肌のハリが奪われます。

    アンチエイジング効果の高いサプリメント

    サプリメントでも摂取できる、エイジングケアに効果が期待できる成分を紹介します。

    アンチエイジング効果のある成分
    アンチエイジング効果のある成分

    アスコルビン酸

    体内でビタミンCとして働き、抗酸化作用やコラーゲンの生成の他、メラニン色素を抑えることでシミやくすみを改善する効果も期待される成分です。ビタミンCは体内に余分に蓄積できないため、1日数回、毎日、こまめに摂ることが大切です。

    ビタミンB群

    ビタミンB群とは肌細胞に必要なビタミンB1、肌の乾燥を改善するB2、皮膚の元となるタンパク質を作り出すB6、皮膚細胞の代謝を促進するB12、くすみを防ぐナイアシン、脂肪の代謝を促進するパントテン酸、細胞を生み出す力を高める葉酸、皮膚を炎症から守るビオチンなどの総称です。
    ビタミンB群をサプリメントで摂る場合は、なるべく多くの種類が配合されたものを選ぶと、ビタミンB群同士が協力し合ってより効果を発揮しやすくなります。

    ビタミンE

    血管の健康を保ち、血流を良くする働きを持つ成分。肌の隅々まで血液が巡回することで肌荒れを予防し、生き生きとした肌へと導いてくれます。

    大豆イソフラボン

    女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをします。皮膚のキメを整え、肌を乾燥から守ったり、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす効果も期待されています。ホルモンバランスが崩れ、肌のコンディションが乱れる生理前後や更年期などに積極的に摂りたい成分です。

    亜鉛

    亜鉛が不足すると肌の再生に必要なタンパク質が合成されにくくなり、新陳代謝の働きを鈍くすることに。その結果、肌荒れやニキビなどの原因になります。肌細胞の新陳代謝を活発にしてくれる亜鉛は「新しい肌づくり」には欠かせない成分です。

    COQ10(還元型)

    身体の衰えを感じた時に摂りたい成分。もともと細胞膜にはCOQ10が存在し、細胞を保護する役割を担っています。活性酸素による細胞の酸化を防ぎ、みずみずしい肌に保ってくれます。COQ10は、年齢とともに身体の中で作り出す力が衰えていくため、エイジングケアを目指すならぜひ摂りたい成分です。

    アスタキサンチン

    カロチノイド系の成分で、β-カロテンの約10倍の抗酸化力を持つと言われます。紫外線で発生した活性酸素から肌を守ってくれ、老化を防ぎます。

    レスベラトロール

    赤ワインやブドウの皮にごく微量だけ含まれるポリフェノールで、強い抗酸化力を持ち美肌効果があります。

    ピクノジェノール

    フランスの海岸に生える松から抽出したフラボノイド系の成分で、非常に抗酸化力が強く、コラーゲンの生成を高めてくれます。

    \ SNSでシェアしよう! /

    さとッチ TVの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    さとッチ TVの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア

    関連記事

    • アルファリボ酸と美容効果の関係

    • 【チラコイドの効果に注目!!】満腹ホルモンの分泌を増やすチラコイドダイエット

    • 熱帯夜克服5つのルール

    • 「飲む点滴」とも言われる”食べる甘酒”について得られる効果効能・作り方・レシピを紹介します

    • 本当は怖い美白化粧品、それバリアでもシミ・くすみはなんとかしたい!SONOKOホワイトがいいかも

    • いまさら聞けないオーガニック(有機栽培)のあれこれ