アルファリボ酸と美容効果の関係

 

アルファリボ酸と美容効果の関係について

 
αリポ酸の代表的な美容効果は以下のとおりです

  • 小さな傷、目の下のクマを目立たなくする
  • シミやシワを薄くする、血行を良くし肌のくすみを改善
  • 開いた毛穴を小さくしてキメ細やかな肌にする

αリポ酸には優れたダイエット効果も期待できますが、実際にαリポ酸は体内で摂取した食べ物を燃焼しやすくし、燃えやすい身体づくりを補助する効果があります。

また、血中のブドウ糖の排出をスムーズに行わせて、エネルギー変換率を上げ、リバウンドしにくい体にしてくれます。体脂肪を減少し中年太りに効果があると証明されています。

αリポ酸は体内で摂取した食べ物を燃焼

α-リポ酸の効果は中性脂肪型の男性が早く、1週間くらいから現れるとのことです。皮下脂肪型の女性の場合、効果が現れるのに1ヶ月くらいかかるようで、L-カルニチン・コエンザイムQ10との摂取がさらに効果的です。

アンチエイジングにもαリポ酸は欠かせない

α-リポ酸にはビタミンC、ビタミンEの約400倍という 非常に強力な坑酸化作用があり、コエンザイムQ10やビタミンCなどの抗酸化物質が体内で使われた後、それらをリサイクルさせる働きがあります。 水にも油にも溶け、分子量も小さいので体のすみずみに浸透し抗酸化作用を発揮します。

αリポ酸の成り立ちと特徴

α-リポ酸(アルファリポ酸)とは、別名「チオクト酸」とも呼ばれる成分で、2個のイオウ原子を持つジスルフィドです。発見されたのは1940年代までさかのぼります。

αリポ酸の特徴は?

αリポ酸の特徴
食事中の蛋白質、糖質、脂質はエネルギー産生のために代謝され、二酸化炭素と水にまで分解されていきます。α-リポ酸は、ピルビン酸がアセチルCoAに代謝される過程の酵素とTCA回路の中の一部酵素において、補酵素として不可欠な成分です。したがって、α-リポ酸はエネルギーの代謝にきわめて重要な成分です。

α-リポ酸は全ての動物の中に存在している物質であり水、油にもとける性質をもっています。加齢と共に体内にあるαリポ酸が減少していくのも特徴のひとつです。

α-リポ酸の効果
  • ダイエットに優れた効果
  • 美白効果
  • スキンケア作用

またダイエットに優れた効果を発揮し、αリポ酸はミトコンドリア内でエネルギー生産時の補酵素として働きます。この働きからαリポ酸のダイエット効果,脂肪燃焼効果がテレビや雑誌などで特集されたり、ダイエット効果を期待させるサプリメントが商品化されていると思われます。

コラーゲン

αリポ酸には抗酸化効果のほかに美白効果やスキンケア作用があると言われています。なぜαリポ酸に美肌効果があるのか、それはコラーゲンの新陳代謝と大きく関係しているからです。コラーゲンは肌のハリや弾力を保つ大切な働きがあります。コラーゲンは紫外線の影響や加齢などで量が減ってきます。ただ、コラーゲンの減少は個人差が大きく加齢だけがコラーゲン不足の原因ではありません。

プラセンタサプリメントの特徴

プラセンタは英語で「胎盤」の意味があり、一般的に哺乳類の胎盤から有効成分を抽出した胎盤エキスのことを「プラセンタ」と呼びます。
αリポ酸はミトコンドリア内でエネルギー生産時の補酵素として働きます。

母体と胎児を結ぶ胎盤は、1個の受精卵をわずか10ヶ月で約3000gの赤ちゃんに育て上げる機能を持った、1人に対してひとつしか備わっていない貴重な臓器です。その胎盤から作られる胎盤エキスが、販売されているのです。

プラセンタ

人の胎盤を原料とする「ヒトプラセンタ」は医療機関でしか使用できません。市販のサプリメントやドリンクに使用されているのはブタやウマの胎盤から抽出されたエキスです。

胎盤には、アミノ酸やタンパク質、脂質、糖質などの栄養素と、身体の働きを活発にするビタミン・ミネラル・核酸・酵素といった生理活性成分、細胞の新陳代謝を促す成長因子など、胎児の成長に欠かせないあらゆる栄養素が含まれています。

プラセンタの摂取には「注射」「経口摂取」「塗布」の方法があります。

プラセンタの美容効果
プラセンタの美容効果として真っ先に挙げられるのが、皮膚の新陳代謝の促進です。
新陳代謝が高まると色素沈着した部分の皮膚が早く排出され、お肌はイキイキと美しくなります。また、プラセンタにはシミのもとになるメラニン色素の生成を抑える作用もあります。プラセンタには弾力の決め手である真皮コラーゲンなどの生成を活性化させる作用や保湿作用があるため、シワを目立たなくしたり、お肌のハリをアップさせる効果が期待できます。さらに、お肌を老化させる活性酸素の除去作用やエイジングケア全般に役立つ新陳代謝の促進効果もあります。

美肌化粧水について

美肌化粧水の中で最近人気の高まりつつあるのが「手作り化粧水」です。
そう、自分で化粧水を作ってしまう人達が急増しているのです、実際に作り方を書いてみるので参考にしてみてください。

美肌化粧水について

手作り化粧水の作り方

  1. 肌に合ったフローラルウォーターをそのまま化粧水として使用します。市販の化粧水に比べると、脂分がないのでさっぱりした使い心地になります。下記は化粧水としてよく使われる代表的なフローラルウォーターの紹介です。
    • ローズウォーター
    • ネロリウォーター
    • ラベンダーウォーター
    • ローズマリーウォーター
  2. 精製水とグリセリンを混ぜて化粧水を作ります。目安は精製水100mlに対し、グリセリン5~10mlです。グリセリンが多いほどしっとり感が強くなります。直前に良く振って使用します。

これだけで手作り化粧水の完成ですが、自分の肌にあわせてしっとり化粧水、さっぱり化粧水と用途にあわせて作ると肌の状況にあわせた化粧水をお手軽に使い分けることができます。

フローラルウォーターは紹介したもの以外にも沢山あるので自分にあった成分、香りを探して世界でひとつのオリジナル化粧水を作ってみてはいかがでしょうか?

白髪予防方法

白髪白髪は白髪の発生源
メラノサイトという毛根に存在する細胞
が関係し、メラノサイトはメラニンを作り出します。このメラニンは髪の毛の黒い色となりメラニンの量が減ると黒髪が薄くなり発生自体がなくなった毛根からは白髪が生えることになります。

このメラノサイトの減少を止める方法はまだ確立されておらず白髪をストップし元の黒髪に戻すことは現在は不可能とされています。白髪自体を黒くするには白髪染めが有効ですが、この方法は数ヶ月に1度の割合で染め直す必要があります。

現在は食べ物や体質の改善による根本的な白髪解消は見つかっておらず白髪の進行スピードを抑えるための食事バランスの見直し、体質改善に留まっています。

メラノサイト減少を完全に止めることはできませんが、減少するスピードを和らげることは可能です。当サイトのアンチエイジングとしてオススメしたいの黒髪から白髪に変化する途中で進行を止める改善策となります。

バランスのよい食事

メラノサイト減少による白髪と減らすために重要なのは食事のバランスを見直すことです。特に摂取するべき栄養は下記となります。

  1. 亜鉛
  2. 鉄分
  3. ミネラル
  4. タンパク質

白髪に胡麻
これらをひとまとめに摂取できる食材としてオススメなのが胡麻です。胡麻には上記の栄養素が含まれ特にタンパク質、ミネラルが豊富に含まれています。胡麻の中でも特に黒胡麻は抗酸化成分も含まれ頭皮改善にも効果があります。

白髪を抑える為に食事バランスの見直しが必要になりますが、前述したように白髪を抑える効果の高い栄養はタンパク質、ミネラル、銅、亜鉛などがあります。

髪質によるメラニンの違い
髪の毛の主成分がタンパク質によって作られておりタンパク質が欠乏すると髪の毛の成長自体も遅く、弱々しい細い髪の毛となります。また細い髪の毛の特徴として色素が薄い事が挙げられナチュラルに茶色っぽい髪の毛の人は細い髪質なのがほとんどです。

茶色、白髪になる原因は髪の毛に含まれるメラニンの量によって発生しメラニンが豊富な人は黒々とした髪に、逆にメラニンが少ない人は薄い茶色、メラニンが欠乏した人は白髪が発生しやすくなります。

白髪を予防する食べ物
白髪を予防する食べ物普段の食事でタンパク質をバランスよく摂取する必要があります。タンパク質を多く含む食物は動物性食品が多くなり、肉、魚類が中心です。
 
逆に植物性タンパク質を多く摂取する場合には大豆が有名です。動物性タンパク質の過剰な摂取は精神的ストレスが増えやすい、脂肪が多く含まれており太りやすいなどデメリットもあります。
 
植物性タンパク質はカラダに優しく肥満解消にもつながるのでアンチエイジングを目指す場合、植物性タンパク質の食物を食べる回数を増やすほうが良いでしょう。
 
の成分はメラニンの合成を行う働きを担当しており、メラノサイトで作られた黒色成分のメラニンが髪の毛に行き渡るためには銅が必要不可欠な栄養素となります。髪の毛の太さや成長にはタンパク質が必要、黒色の色素を保つには銅が必要となります。

亜鉛はタンパク質と同じく髪の毛を作り出すのに必要な成分でタンパク質と亜鉛が充分に含まれないと細く弱々しい髪の毛となってしまいます。髪の毛が弱いと色素も当然薄くなるので白髪が増える結果となるので亜鉛も定期的に摂取する必要があります。