1. TOP
  2. 生活
  3. 自動車買取相場
  4. 自動車買取相場を考える

自動車買取相場を考える

    自動車買取相場

    自動車買取相場

    このページをご覧になっているということは、
    『愛車の査定』を考えている方もしくは 『新しい車の購入』にあたり、今の車をどうしようか?
    と、考えている方

    そして≪自動車の買取相場≫を知りたいと思っている方でしょう。

     

    車査定:相場とは

    相場とはあくまでも、指標の一部でしかありません。
    必ずしも実績とは異なります。

    もしかしたら、他のページで愛車の相場金額をもう見てきた人いませんか?
    そして、もっと高い金額がないか?探しているのではありませんか?

    実績という部分では、ズバット車買取比較 ・かんたん車査定ガイドのトップページで、
    他社との査定比較として実際の数字を出して紹介していますのでサンプリングとして確認することができます。
    自動車買取相場

    査定に関しては、状態や走行距離などによって異なるため、正しい数字を一覧に出すことはできません。

    ただ、1つ、お気づきになったと思いますが、同じ年式・車種でありながら、査定金額にかなりの差が発生するということです。

    車の査定においては、各会社によってまちまちの数字が出てきます。また、住んでいる住所によっても違いが発生します。

    買い取り会社も、売りやすい車と売りにくい車、得意な車種、苦手な車種があります。

    買い取ってすぐ、売れる車種であれば、他より高い金額が付くという事実も納得頂けるでしょう。

    中古車の賞味期限

    そして、中古車には賞味期限があります。

    基本的に、1日1日、日が経つにつれて査定金額・車の価値が下がってきます。

    また、総経距離が長ければ長くなるほど査定は下がります。

    中古車販売会社も売れる車には高値を付けるのです。

    その意味で、1円でも高く売りたいのであれば、1日も早く査定に出して、一番高い買い取り額の各車にお願いすることです。

    補足:昨今では、買い取った車を海外に持っていって売るということもあるので、古いからお金にならないということでもありませんが・・・。

    そこで面倒くさい!・簡単に知りたい!と思っている人のためにたった ”1秒” で愛車の最高額が分かる!

    車買取相場

    1秒無料査定を行ってみる

    かんたん車査定ガイド

    今人気の”かんたん車査定ガイド”(勿論、完全無料)を紹介します。
    簡単入力、スピード査定で愛車の買取価格が一発でわかるので、オススメです。
    相場を知る意味では、都合がいいサイトでしょう。
    かんたん車査定ガイドはこちら

    もっと、欲張りな方に、思いもかけない高額査定がバンバン出ているサイトを紹介します。
    買取業者ごと、売りやすい車種、強みのある車種の存在は紹介しました。
    数段違う高額見積が発生している、高額査定として定評のあるサイトはこちら

    ズバット車買取比較

    厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。
    あなたの愛車の最高価格を知るには、また、高額査定を狙うならズバット車買取比較もチェック!
    高額査定・無料一括査定はこちら

    カーセンサー.NET簡単ネット査定

    リクルートが運営するクルマ総合情報サイトです。
    中古車情報誌カーセンサーのwebサイト『カーセンサーnet』です。
    都道府県からの店舗検索、郵便番号からお住まいの地域からも探すことができます。
    3分でわかる愛車査定はこちら

    参考サイト
    【車を売る方法】
    次に乗る車資金のために1円でも高く車を売却するテクニック・車売却キャンペーン情報を紹介します
    車売るならどこ?@車売却時に注意すること・高く売る方法

    車の査定でチェックされる場所

    外装のチェック項目

    ボディ全般の汚れ / ボディのヘコミやキズ(天井部もチェックされます) / 鍵穴やドアノブ周辺のキズ / ナンバープレート / ランプ類(ヘッドライトやテールランプなど) / ラジオやテレビ等のアンテナ / 

    ドアやウインドウなど、可動部の具合 / ガラス類(フロント/リア/サイドなど) / ボディーカラー / エアロパーツ / サンルーフ など
    < h3>内装のチェック項目

    内装全般の汚れ / シートの汚れや状態 / フロアーマットの汚れや有無 / トランクルームの汚れ / 喫煙の有無 / オーディオ、カーナビ、スピーカーなどのAV機器の状態 / ハンドルやメーター類 / エアバッグ / スペアタイヤ / その他付属装備品のチェック など

    エンジンルームのチェック項目

    エンジンの状態 / エンジンオイルの状態 / バッテリーの状態 / 改造パーツの有無 / 修復歴の有無(フレームをチェックします) / 車体番号 など

    シャーシ/車台のチェック項目

    修復歴の有無 / タイヤやホイールの状態 / タイヤハウスの中 / オイル漏れやにじみ(不具合箇所の発見) / 各部のヘコミやキズ、錆や汚れなどの状態チェック など

    車全般(スペックなど)のチェック項目

    車種 / 年式 / グレード / 走行距離 / 車検証 / 整備記録簿 など
    プリウスの売却を検討している方へ:車売る

    車売る

    自動車買取査定

    一括車査定であれば、大手買取チェーン、テレビCMやラジオでも有名なJac、ガリバー、カーセブン、ラビット、アップルなども査定会社(オンライン車査定)として入っています。

    よくある質問
    ローン中の車 売ることができるの?
    車買取の基本の1つですね。

    EV:電気自動車でどうなる?

    2030年に電動車を世界で550万台以上販売し、そのうち電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)を100万台以上とする。
    そして、2025年頃までにはエンジン専用車をゼロにする。
    トヨタ自動車が車両の電動化を加速すると宣言しました。
    エンジン車とハイブリッド車(HEV)にほぼ絞り込んできたこれまでの戦略を改め、2020年以降はEVやプラグインHEVの展開を本格化させるのは明確化されました。
    さらに、
    スズキやスバル、日野自動車、ダイハツ工業はトヨタ自動車が主導する電気自動車(EV)の基盤技術の開発会社に合流することを決めた。
    新たに参加する4社は2018年1月から技術者を派遣し最新のEV技術を共有し、小型車、中型車、商用車など各社が強みをもつ車種に必要なEVの技術開発を加速する。
    これによって、欧米勢や中国勢との対抗馬は日本車になることが決定したといっていいでしょう。
    ガソリン車の今後は、徐々に減産体制になることでしょうから、購入者が減ることで価値もかわってくることでしょう。

    \ SNSでシェアしよう! /

    さとッチ TVの注目記事を受け取ろう

    自動車買取相場

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    さとッチ TVの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア