1. TOP
  2. スキンケア
  3. 毛穴の色
  4. 毛穴に色がついた!黒色・赤色・無色!色別毛穴対策を解説

毛穴に色がついた!黒色・赤色・無色!色別毛穴対策を解説

    最近、4Kテレビとかでテレビの画質がきれいになり、芸能人の肌の綺麗さにびっくりします。

    毛穴が気になってきたときには、毛穴の色に注目してみましょう。

    実は、毛穴の色によって目立ってきた原因は違うのです。

    今回は、毛穴を色別に分けて、毛穴が目立ってきた原因と対策についてお話しします。

    毛穴が黒くなってボツボツしてきたときの原因と毛穴対策

    毛穴が黒くなってきたときには、毛穴の中に汚れが詰まり時間が経過したことが原因かもしれません。

    毛穴の中には、さまざまな汚れが入り込みます。
    汚れが入ったとしても、毎日きちんと洗顔して毛穴の中をきれいにしていれば、黒く色がつく状態にはなりにくいものです。

    毛穴が黒くなってきたということは、毎日のクレンジングと洗顔に問題がある可能性があります。

    朝の洗顔

    朝の洗顔は、寝ているうちに出てきた皮脂を洗い流します。
    熱すぎず冷たすぎない人肌程度のお湯で皮脂汚れを洗いましょう。

    夜の洗顔

    そして夜の洗顔は、より丁寧に行う必要があります。

    まずはクレンジング剤を使ってメイクをしっかりと落とします。
    夜は疲れてしまい、シート状のメイク落しを使ってこすり落とすだけで済ます人もいますが、シート状のメイク落しだけでは、毛穴に詰まったメイク汚れは落としきれないのです。

    メイクは、クレンジング剤を使ってやさしくマッサージするようにして洗います。
    そして、クレンジングした後は洗顔をしましょう。

     

    クレンジングと洗顔

    しばしばクレンジングをすれば洗顔をする必要はないと思っている人がいますが、クレンジングと洗顔は目的が違うのです。
    クレンジングは、メイク汚れなどのあぶら汚れを落とします。
    洗顔は、あぶら汚れ以外の汚れを落とすのです。

    クレンジングと洗顔をしっかり行うことで、毛穴の中の汚れが落ち、黒く変色する事態にはなりにくくなります。
    毛穴が黒くなってしまった場合は、洗顔方法を見直してみましょう。

    クレンジングと洗顔

     

    黒くなってボツボツ

    さらに、毛穴が黒くなってボツボツしてしまった人は、角栓が黒ずんできた可能性があります。

    角栓は、本来ならば自然と落ちるものですが、肌のターンオーバーがうまくいかなくなると、時間がたっても毛穴の中にとどまり、そのまま酸化し始めてしまうのです。

    角栓自体は乳白色のような色ですが、酸化し始めると色は黒ずんできます。

    鼻パックのあとは必ず毛穴を引き締めること

    黒い角栓があまりにも増えてしまっているときには、市販の鼻パックを使って取り除いてもいいでしょう。
    鼻パックをしたあとは必ず、しっかりと収れん化粧水を使ってスキンケアをし、毛穴を引き締めておきましょう。

    毛穴が赤くなって目立つときの原因と毛穴対策

    毛穴が赤く目立っているときは、毛穴に何かが詰まっていることが原因ではなく、毛穴自体に炎症が起きてしまっている可能性があります。

    脱毛で赤い場合

    脱毛処理している毛穴が赤くなっているようならば、脱毛の方法が肌に合っていないのかもしれません。

    間違った脱毛処理は毛穴に大きな負担をかけます。

    毛穴の周囲の肌も赤みを帯びている場合

    毛穴だけでなく、毛穴の周囲の肌も赤みを帯びている場合は、スキンケア化粧品が肌に合っていないからかもしれません。

    スキンケア化粧品は、高価だからいいもの、みんなが使っているからいいものというわけではあありません。

    人それぞれで合うスキンケア化粧品は違います。
    肌につけて違和感があったときには、使用を継続しないようにしましょう。

    毛穴や肌が赤くなっているときには、自分だけで対応することが難しいこともあります。

    痛みがあったり、熱をもっていたりするときには、医療機関を受診するようにしましょう。

    間違った脱毛処理は毛穴に大きな負担をかけます。

    毛穴が無色なのに目立つときの原因と毛穴対策

    毛穴に色はついていないのに、なぜか毛穴の存在が目立つことがあります。
    それは、毛穴自体が大きくなり目立っているのかもしれません。

    毛穴は、穴状になっているため、中に入るものが大きくなればなるほど目立ってきます。
    とくに角栓が詰まっていると、角栓はどんどん大きくなって毛穴を目立たせるのです。

    角栓が入っていないのに毛穴が目立つとき

    角栓が入っていないのに毛穴が目立つときには、肌のたるみが原因でしょう。

    肌全体がたるんでくると、毛穴が下に引っ張られた状態になり目立ってしまうのです。
    とくに頬の毛穴は、たるみやすい場所です。

    ファンデーションを塗った方がむしろ目立つ

    毛穴が目立ってくると、ファンデーションを塗って隠したくなりますが、たるみが原因で毛穴が目立っている場合は、ファンデーションを塗った方がむしろ目立つようになります。

    ファンデーションを塗った方がむしろ目立つ

    顔の筋肉を鍛える

    たるみが原因の場合は、ファンデーションやスキンケアだけで対策するのではなく、顔を動かして顔の筋肉を鍛えることも大切な対策です。

    毛穴を目立たせないために

    毛穴に色がつき始めるととても目立ち、対策に時間と手間がかかります。
    毛穴を目立たせないためには、毎日のスキンケアをきちんと行い、表情豊かに過ごすことがポイントなのではないでしょうか。

    \ SNSでシェアしよう! /

    さとッチ TVの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    さとッチ TVの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア