1. TOP
  2. ニオイ対策
  3. ショック!臭いのは私?40歳代女性の加齢臭の正体と対策【ニオイ対策・ミドル脂臭】

ショック!臭いのは私?40歳代女性の加齢臭の正体と対策【ニオイ対策・ミドル脂臭】

    加齢臭 ミドル脂臭

    先日、すれ違った高校生くらいの男の子が衝撃的な言葉を言って、私は内心ギクッとしてしまいました。
    その言葉とは・・・

    「おばさんってさあ、臭くない?」
    「そうそう!なんか、う●こみたいな臭い」

    うわー、それは嫌かも。
    この子達からすると私も充分「おばさん」と呼ばれる年齢。
    私も臭ってるんだろうな・・・。

    女性も40歳過ぎは要注意な『加齢臭』

    臭いのは「中年以降のおじさん」というイメージかもしれませんが、とんでもないことで、女性も男性と同じように加齢臭が40歳を過ぎたころから増加するといわれています。
    どうもお互い異性に対して「臭い」と感じているようですよ。

    身体から出るニオイって何でしょうね?
    例として挙げると、「口臭」「汗の臭い」「足の臭い」「服の臭い」「化粧品や香水」そして「加齢臭」・・・。

    40歳 加齢臭

    口臭

    口内に原因があるもの、胃腸に原因があるもの様々です。
    特に女性は年齢が進むにつれ腸内環境がどうしても悪化しがちになります。
    電車内での会話に出ていた「●んこみたいな臭い」とはまさにこれです。
    なんと腸内で発生した強烈なガスが胃を通り、口から出ているというなんとも気持ち悪い現象です。
    40歳 口臭

    化粧品・香水・柔軟剤のニオイ

    化粧品や香水のにおいは、案外嫌われていることもあるようです。
    最近は「香水・柔軟剤のニオイお断り」の飲食店も見かけるので、本人は良かれとおもっても嫌われる香りはあるということです。
    それでも化粧品や香水の香りに癒されたいという方はほどほどに。
    私はハンカチに香水をつけてタンスに入れておく方法が好きです。
    これなら程よく衣服に香りが移りますのでおすすめです。

    化粧品・香水・柔軟剤のニオイ

    ミドル脂臭

    頭のニオイって男性特有のものかと思ってたら、どうも女性も発してるみたい。
    自分ではわからないので、これって油断しがちな臭いで要注意です。
    主に後頭部から首の後ろに発生するのが「ミドル脂臭」といわれるものです。
    廃油のようなニオイと言われていて、だいたい30~40代半ばで強さのピークを迎える嫌な臭いです。
    ジアセチルという原因物質が、強い不快なニオイの源。汗に含まれる乳酸がジアセチルを作ります。乳酸を少なくするには、血行をよくすることがカギとなります

    ミドル脂臭

    加齢臭

    この体臭成分は青臭さと脂臭さを併せ持つと言われています。
    2001年4月、資生堂により、高齢者の体臭の原因の一つがノネナール(C9H16O)であることが発表されました。
    「加齢臭」という言葉は、「加齢により体臭も変化する」という概念を示す言葉として命名。

    女性の加齢臭は皮脂の酸化が原因

    加齢臭の元となるのは、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって生じる「ノネナール」という物質です。

    30代半ばまでは女性ホルモンのおかげで皮脂分泌が抑えられているので、皮脂による体臭が起こりにくいようです。
    40歳を過ぎると酸化に対する抑制力が低下し、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加。
    それに伴って、体臭成分であるノネナールが急増します。

    加齢臭 皮脂

    ニオイを出さない(減らす)対策

    私も含め、40代以降の女性は自分が発するニオイで他の人を不快にさせないように注意した方がよさそうですよね。
    何しろニオイは、遠慮がいらないくらいの親しい関係にならないと指摘しないものなので、日ごろからニオイを出さない意識はしておいた方が賢明かと思っています。

    食事

    加齢臭の原因になる動物性脂肪は、体内で酸化することによってニオイを発生させます。
    お通じを快調にするために乳酸菌の多いものや、食物繊維も気にして多く摂りましょう。
    お肉大好き野菜嫌いな人は体臭が強い傾向がありますので、お肉少なめ・野菜を多くした食事に変えるだけでも効果があります。
    低脂肪、高繊維質、食物性食品、食後にカテキン効果のある緑茶にするだけでも体臭は変化します。
    つまり、和食のあとにお茶を飲めばこれに該当しますので、ニオイが気になる方はぜひ和食中心の食生活を送りましょう。

    加齢臭 食事

    汗を変える

    汗は本来、無臭であることをご存じでしょうか。
    無臭の汗が臭くなるのは、皮膚の雑菌や垢が汗と結びつくためです。
    日ごろ運動不足で汗腺の機能が低下している人は、汗の濃度が高くなり、重炭酸イオンや尿素などが含まれる“臭い汗”となります。
    ミドル脂臭の原因、ジアセチルという物質は汗に含まれる乳酸が作るため、乳酸を少なくすることがニオイを減らす第一歩になります。
    それには血行を良くすること。
    半身浴や有酸素運動などで血行を良くし、汗腺を増やしましょう。

    肌を清潔に

    過剰に肌を擦ると肌に傷が付き、その傷に細菌が発生して臭いの元になるので、できるだけ肌は擦らずに汚れは泡に「浮かす」ようにして落とすのがコツ。
    皮脂が発生しやすい部位は「胸」「脇」「首」そして忘れがちなのが「耳の裏」なので、これらの部位は意識して洗いましょう。
    ミドル脂臭の気になる後頭部は枕の当たる部位。
    夜のシャンプー後は髪はしっかりドライヤーで乾かし、生乾きのままで寝るのは禁物です。
    生乾きの髪は雑菌を増殖する元になるということなのでご用心。

    肌を清潔に

    洗濯

    加齢臭の原因であるノネナールは、繊維に染み込みやすいためなかなか落ちません。
    さらに嫌なのが、ノネナールにはニオイが拡散しやすいという性質もあるので、寝具に加齢臭のニオイがするまま放っておくと、そのニオイが部屋中に広がってカーテンや壁にも染み込み、部屋中が不快な臭いでいっぱいになってしまうということ。
    それを防止するには着用した衣服はできるだけ早く洗うことが肝心となります。
    忘れがちなのが枕カバーやパジャマ。
    せっかくお風呂に入っても寝具からニオイが移ったのでは台無しです。
    できるだけ小まめに洗いましょう。
    加齢臭対策洗剤を利用したり、洗濯のたびに酸素系漂白剤を利用してみるのもおススメです。

    洗濯

    <まとめ>
    自分ではわからないため、ついうっかりしがちなニオイの問題。
    誰かと会話しているときに、相手の手が鼻に行ったり、顔を背けたりしていたら、もしかするとにおってるかもしれませんよ。
    誰にでもやってくる年齢からくる加齢臭やミドル脂臭などのニオイは、対策を講じるだけで軽減するものなので、40歳以降はなるべく気を付けて生活していきましょう。

    \ SNSでシェアしよう! /

    さとッチ TVの注目記事を受け取ろう

    加齢臭 ミドル脂臭

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    さとッチ TVの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア

    関連記事

    • ワキガはうつるのか?知らないとヤバイ、ワキガについての基礎知識・なりやすい人の体質を紹介