1. TOP
  2. 肌の老化と食事

肌の老化と食事

肌を老化に繋がる食事に注意

 
肌を老化させる原因となる食べ物

食べ過ぎは健康に良くないと言われますが、アンチエイジングにおいては食べる食品内容にも注意する必要があります。アンチエイジングを開始してすぐに始める事ができ効果を期待できるのが食事内容の改善です。

老化につながる間食

肌の老化を促進する食べ物には下記があります。

肌の老化を促進する食べ物

 

:糖分の多い食べ物

ケーキ、チョコレート、クッキーなど甘いお菓子類全般、炭水化物の多い食べ物も該当します、一例としてお米、うどん、ラーメン、卵を使った料理。

:飽和脂肪酸

動物性脂室で悪玉コレストロールを増やす原因となります。活性酵素と結びつき過酸化脂質へと変化、メラニンを促進し皮膚へシワ、シミ、たるみなど作り出す原因となる。代表的な食物に豚肉、鶏肉など脂肪分を多く含む肉類、バター、クリームなどの乳製品。

:アルコール

度数の強いお酒、ビール、カクテルなど活性酵素の活動を活発化させる働きがある。
 

:添加物の含まれる加工食品

日持ちするよう作られているコンビニ弁当、お惣菜、インスタント食品など、これらに含まれている添加物は活性酵素を増やす事に繋がります。また糖分とタンパク質がおおいので肥満にも繋がります。逆に肌の老化を防ぐのがビタミンCでビタミンCの役目はコラーゲンを作る、メラニン生成抑制効果などがあります。ビタミンCの摂取は肌の潤いを維持するために必要不可欠な栄養素です。 

:ビタミンCを含む食べ物

アセロラ、パセリ、ピーマン、レモン、ゴーヤ、キウイ、いちご、柿、水菜、カリフラワー、ブロッコリー、パパイヤなどが代表的。

 

老化につながる間食について

甘いもの系はできれば食べない方がベスト。どうしても我慢できないようなら量を控えるよう心がけましょう。

注意が必要な食品

:砂糖

体内に吸収されるとコラーゲンと結びつき固く弾力をなくす作用がある。

 

:キャンディー

キャンディーに含まれる砂糖には体内で炎症を起こしやすくするリスクがありシワの原因になる。

 

:人工甘味料

人工甘味料の中には中毒性の高いものがおおく継続して多量の砂糖を摂取すると虫歯により歯の変色、体内脂肪を増やす危険がある。

肌の潤いを奪う食べ物はケース・バイ・ケースで

 

:塩

特に運動中に体から水分が奪われると疲れが加速する。塩分過多による疾患、高血圧を招きやすい。
 

:カフェイン

カフェインの摂り過ぎによる体に脱水状態。コーヒーを飲むとオシッコが近くなる。

 

:アルコール

アルコールの大量摂取によるアルコール中毒の発症、過剰なアルコールの摂取は水分を奪い肌の潤いをなくす原因となる。

 

:炭水化物

お米などに代表される炭水化物は必要な栄養素ですが、過剰摂取するとコラーゲン繊維を破壊するリスクがある。

 

:揚げ物、油物

頻繁に食べる揚げ物や油を使う料理はコラーゲン繊維を破壊するリスクが高い、惣菜ものばかり食べるとカラダが疲れやすいなど。

基本的には油を大量に使う、炭水化物を大量に摂取、砂糖など大量に使われているお菓子類の量を適切にすることで老化を防ぐ助けとなります。

中でも主食となる炭水化物、油物は量を控え野菜類、魚料理中心の食事内容にシフトするとコラーゲンの育成に繋がります。

糖化を防いでアンチエイジング

糖化を防いでアンチエイジング
アンチエイジングが注目されたことで知られてきた老化の原因の1つは「糖化」と呼ばれる現象です。カラダが糖化する現象について解説してみます。

年齢を重ねて実感するのは体力の低下、肌のハリの低下、体調面の不安定さ、病気治癒の遅れでなどありますが。これらの現象に糖化が関係していることが多いことは以外にも知られていません。

糖化が起きやすい原因として食べ物があります。「糖化」は食べ物によって進行するスピードに差が出てきます。

糖化が起きやすい原因

:体を糖化させやすい食べ物を普段からよく食べている。
:AGEsの数値が高い食べ物を食べる。

AGEsの数値が高い食べ物はすでに糖化している食べ物であり体内に入ると更に糖化して体の老化を促進します。逆に糖化を防ぐ食べ物の特徴は「糖分を吸収せずに排出する」「体内の糖分をエネルギーに変化させる」食べ物となります。

炭水化物 糖分人間の体を機能させるのに糖分は必要不可欠ですが消費する以上に糖分を摂取すると体内に残り糖化現象が進みます。特に普段から炭水化物が好きでご飯やラーメンなど好きな人は消費しない限り体内に大量の糖分を貯めこむことになります。

食べ物から始めるアンチエイジングとしてオススメなのが糖化を防ぐ「抗糖化食品」です。抗糖化食品について次ページで詳しく解説しますが抗糖化食品の特徴は下記のようなります。

抗糖化食品の特徴

:AGEs(終末糖化産物)を吸収を抑える。
:糖の代謝を促進する。

もうひとつは日常の食事内容を劇的に変える事無く野菜を食事に取り入れる事でで血糖値の上昇も抑えることが出来ます。

抗糖化とは

「抗糖化」という言葉ですが、要約すると抗糖化は「体が糖化するのを防ぐ」ことを指します。糖化することで体が老化するのは前ページで説明しましたが、この記事では抗糖化について詳しく説明します。

まず、体が糖化する事についておさらいです「体の中にある糖がタンパク質と融合して有害になる」のが糖化現象です。

糖化が進むと老化現象と同じように体の免疫力低下、肌のハリや体力の低下が進みます。人間が生活する中で糖分が必要な栄養素ですが、糖分は甘い食べ物だけではなく日本人の主食のお米の中にも大量に含まれています。

AGEsとは
糖分を含む食品の多くは分解されブドウ糖となり吸収されますが吸収されない糖が体内に残るとタンパク質と融合し糖化が始まります。

最終糖化物質
この糖化が進み最終段階に入った現象をAGEsと呼びます。
AGEsは最終糖化物質と呼ばれ、その性質は上記のとおり「糖とタンパク質が結合したもの」です。

日常で食べる料理だと「玉子焼き」などタンパク質と糖が結合した食べ物ですAGEsとなります。卵には大量のタンパク質が含まれているのでケーキもAGEsに該当します。

抗糖化の進め方ですが普段食べている食品の中から下記に当たる食品を避ける又は摂取する量を減らすことで抗糖化を進めることが可能です。

  • 主食であるコメの量を減らす。
  • 砂糖や卵を使ったお菓子類を食べない、特に夜間食べるのは控える。
  • パン、ラーメン、ハンバーガーなど食べる機会を減らす。
  • チョコレート、クッキー、アメなどお菓子類は常食しない。
  • コーラーなどに代表される炭酸飲料水、清涼飲料水、ココアなど頻繁に飲まないようにする(運動中や運動後は適度に摂取するのは構いません。)
  • ビール、カクテル、梅酒、発泡酒などの量は控える。

基本的には炭水化物と糖を含む食品の摂取を控えることで糖化を防ぐことが可能です。アンチエイジングの一貫として手軽にできる食事改善です。

肌荒れ予防に効果のある食べ物

肌の老化を防ぐのがビタミンCでビタミンCの役目はコラーゲンを作る、メラニン生成抑制効果などがあります。ビタミンCの摂取は肌の潤いを維持するために必要不可欠な栄養素です。

ビタミンCを含む食べ物

アセロラ、パセリ、ピーマン、レモン、ゴーヤ、キウイ、いちご、柿、水菜、カリフラワー、ブロッコリー、パパイヤなが代表的。

ビタミンCを含む食べ物

ビタミンC以外に肌の老化、肌荒れを防ぐものにL-システィンがあります。L-システィンの特徴についてまとめてみました。

L-システィンの特徴
L-システィンはメラニン生成抑制に効果がある。
:コラーゲン生成の働き。
:抗酸化作用の働き。
:L-システィンを含む食物(大豆、はちみつ、小麦麦芽など)

役割としてビタミンCと同じ働きを持っています、ビタミンCやL-システィンと同じ働きをもつ食べ物には「赤い食材」があります。

赤い食材の役割はビタミンCと同じくメラニン生成抑制効果、コラーゲン生成、抗酸化作用となり、代表的な食べ物は下記の通り。

代表的な食べ物
:トマト、いちご、ラズベリーなど
:サーモン

赤い色素を含む、作り出す食品にはメラニン生成抑制効果があり、日頃から食事に取り入れることで紫外線からのダメージを和らげる効果が期待できます。

トマト ビタミンEの100倍の抗酸化作用をもつリコピンが含まれており血液を綺麗にする効果もあり
サーモン 活性酵素を除去する働きとメラニンを抑制するアスタキサルチンが多く含まれています
いちご、ラズベリー、ざくろ メラニン生成抑制効果の高いエラグ酸が含まれています
人参、パプリカ、赤ピーマン 細胞を活性化させ肌にハリを与える効果が強くメラニンによって起きる色素沈着を抑制する効果もあり

紫外線を受けたことによって出来るシミ、ソバカス、シワを防ぐためには皮膚内のメラニンの働きを抑える必要があります。赤い食材にはメラニンを抑える働きがあるので積極的に食べるとよいでしょう。

特にトマトにはビタミンEの100倍の抗酸化作用をもつリコピンが含まれており血液を綺麗にする効果もあります。トマトが苦手な人には小さいプチトマトがオススメです。

トマト リコピン

サーモンには活性酵素を除去する働きとメラニンを抑制するアスタキサルチンが多く含まれています。

サーモン アスタキサルチン

いちご、ラズベリー、ざくろにはメラニン生成抑制効果の高いエラグ酸が含まれています。さらに赤い食べ物には人参やパプリカ、赤ピーマンなどもあり赤ピーマンには細胞を活性化させ肌にハリを与える効果が強くメラニンによって起きる色素沈着を抑制する効果もあります。

ざくろ エラグ酸

ランキング参加中!
サイト構築の励みになります!
ブログ村はこちら:応援よろしくお願いします!

\ SNSでシェアしよう! /

さとっちTV@40代からのライフスタイルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さとっちTV@40代からのライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • アンチエイジング 美肌サプリメントの選び方

  • 【チラコイドの効果に注目!!】満腹ホルモンの分泌を増やすチラコイドダイエット

  • デトックスウォーターでキレイになろう

  • ニキビを作る原因

  • 「飲む点滴」とも言われる”食べる甘酒”について得られる効果効能・作り方・レシピを紹介します

  • いまさら聞けないオーガニック(有機栽培)のあれこれ